2012年4月6日金曜日

夜明けに鵜 こんな切手あったな〜


夜明けに鵜の編隊
西方面から 第一11羽隊 襲来
その他 25羽隊が二つあるらしい /
また 
東方面からも 1〜2小隊の目撃もあるらしい/
京都市が 本件における条例で
意見を求めるとする 専門家さんは
「鵜は減っている」ので 程よく保護するのが当然
私の個人的な意見も
「程よく捕獲または駆除」

元々この地位個に鵜は居なかったし〜
数が1/30になった在来魚があるらしく・・・
その 大会が開催されなくなった事実があとますし〜

そもそも 放流してる魚を食べるのだから 
漁券買え! 人間やったら捕まるんやで〜って話!

お腹いっぱいで 飛べない鵜

そもそも「漁業権」って 誰が誰に与えてるのかな?

この権利に抵触する外敵を守る意見には
法的な拘束力は無いような気がするだけに
そこには あえて双方の折り合いが必要なのです/
責任逃れに 京都市は 程よく条例を作ったわけですが
京都市の「程よく公平」にお願いしたい/
まあ お互い エゴ団体 だけどね

0 件のコメント:

コメントを投稿